カテゴリ: 旅のいろいろ

旅は続く。

日光東照宮、一日置いて、富士山の五合目までいった。

日光東照宮は陽明門などが修復され、観光客が多かった。

ここは、足腰が丈夫なうちに来るべきだ。坂が続く。また、江戸、東京から遠い。


このツアーで知り合った高齢な歯学博士の方もユニークだった。旅の出会いの面白さだ。

その翌々日、富士山へ。
どんな所なのか見たかった。江戸時代の富士山詣でを思い浮かべる。

霧がかかっていた。離れる瞬間晴れた。頂上が見えた。

登れそうだった。もうちょっと若い時に来たら、登ることを決めただろう。


富士山を降りてからの巨峰農園は、ひと房が限界。いつもの余市山本観光果樹の食べ放題に慣れている。なんだかつまらなかった。


このあと、新宿西口から横浜へ行く。渋滞なく、早く着いた。
久しぶりの横浜。チェックインをづらしたが、慣れないガラガラトランクなど荷物が多かった。

新宿から中央線で東京駅へ。学生時代毎日乗っていた。ほとんど基本が変わらない風景にホッとする。

一時間半くらいで横浜。みなとみらい線ははじめて。終点まで。今回の旅、わからないとき、駅員さんとかすれ違いの人に尋ねた。みなさん親切だった。

しかし、ここもホテルの人の電話での説明はイマイチだった。

こちらの説明も悪かったのかもしれない。これもわかってみると簡単だが初めてのものにはやっかいな三叉路にホテルがあった。


うるさい客と思ったのか、氷を頼んだら、持ってきてくれた若い女子スタッフがなぜか興奮、慌ててる感じ。ドアで受け取ろうとしたらどんどん入ってきてどぎまぎしてる。なかなか出ていこうとしない。

こっちは早くウィスキーを飲みたい。ありがとう、もういいよ。と背を押すように出ていってもらう。

金沢のホテルでも似たようなことがあった。氷を持ってきた女子スタッフが足でドア閉まるのをバンと止め、ニタニタしてる。

なんだかなんだ、こっちは女より酒だ。
 意味がわからなかった。

しかし旅の酒は美味い。旅でなくても酒は美味い。酒無くしてなんの人生か。一休か。いやそんな歌は唄ってないか。しかし酒を愛した。女も愛した。

人生、自由奔放。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

今回の旅の大きな目的を最初にクリアしてしまった。

浮世絵の○○堂さんを訪ねることだった。

行ってよかった。こちらが想像しているのとは違った。一般人はあまり来ない店のようた。

葛飾北斎の刷りを見せてもらった。購入する予定はなかったが、つい六枚も買ってしまった。

店主らしき婦人の話によると、最近、香港で6,000万円で落札された。
NYでは、1億2千万円で落札されたと。

もちろん、こちらの金額は、雀の涙程度。だが、ほかなら倍はするという。
刷りはいいものだ。

本物に近いと説明された。雑誌の刷りと違って鮮やかだ。

本物は○○に預けてあるとのことだった。

この持ち運びに、旅の初日から、苦労した。送ってもらえないかと言ったがだめった。

このあと、北斎美術館、東京大江戸博物館にて大きな資料本を購入してしまった。持ち運びに疲れた。

しかも、雨だ。荷物に神経をつかっていたうえに、京橋のホテルは外国人向けのせいか、スタッフの電話説明もあやふやだった。 

Googleマップは苦手だ。特に荷物がある場合は。傘もさしていた。八重洲口から近いという。タクシーに乗る距離でもないところまで来てしまっていた。

すぐそば、すぐわかるを、信じてはいけない。数日後横浜でも同じパターンで迷った。

八重洲口は、北口、中央口、南口があった。それを外して話していた。

着いてみると京橋の明治屋ビルの隣りで、なんだなんだ、って感じだった。

フロントスタッフは慣れたもので、コーヒーか何かお飲みになりますかと、不満の矛先を交わした。

随分ホテルに泊まったが、こういった対応は初めてだった。

購入した浮世絵は、近々、額に入れて、社内にて展示するつもり。

美人スタッフと美味しいお茶もお待ちしております。

旅はこのあとも続く。軽量旅自慢が困ってしまい、ついに、東京駅八重洲口地下の店で安価だったトランクに目をつけておいたのを翌日購入した。

混雑スペースで足を取られ転倒しそうになったことがあって恨みのあるガラガラトランクだったがついに買ってしまった。










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

思いたって、長浜へ。

どこいこか、と朝食取りながら考えた。
長浜城が浮かんだ。

明日能登への観光バス予約取れたら、長浜にしよう。
うまく予約が取れた。

長浜駅の観光案内所でいろいろ聞いていたら、地元のおっさんが横から口出ししてきていろいろ教えてくれた。

長浜城はすぐそこ5分で着くという
。しかしややずれて結構かかった。

すぐそこに見える、と言っても初めての者には、もっと丁寧でないとわからないものだ。炎天下、やっとだった。わかってみると簡単だったが、長浜城の天守閣の高さが微妙で近づくほど樹木で見えなくなる。

奥琵琶湖を天守閣から望む。

いずれ秀吉のことを書くかもしれない。町は静かだった。店の人は、昨日まで夏休みだったのでにぎわっていたのですよと言った。

長浜ラーメン。人気店というが、これも観光案内所のおばさんと地元のおっさんのバトル紹介だった。

近江牛のカレーパン購入。今夜か明日朝、食べる。大丈夫か?(≧∀≦)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ひとり沖縄  3

 ホテルの案内女性に、リュック一つに驚かれる。世界を旅してるのですかと。飛行機のCAに食事出るのですかと尋ねたら、飛行機初めてですかと返された。今回は、貯まったポイントで往復無料の旅。

ホテルでの従業員は韓国人が多かった。ひとりの青年フロントマンと少女時代の話しで盛り上がった。 

屋内プールに入ったら白人青年お父さんは、家族にすぐ出る招集をかけて出て行った。最初、?、だったが、こちらを睨んでいったので、奥さんや子供の水着姿見せたくなかったのだろう。男のひとり旅で気をつけなければならない点だ。こちらはど近眼でぼやっとしか見えないのだが。
レストランでもよく睨まれる。白人パパが多い。こちらはそんなにカッコいいのか?笑

韓国人のお母さんは、子供と一緒に、子供に返ってはしゃぎ面白い。

今回は、まさにリゾートも目的。金塊を掘り当てたり脱獄した映画主人公のようにビーチで、ビューティフルライフを満喫。

太陽と海、潮風に当たるのは、確かに身体にいいみたいだ。なんだか、スッキリした。

アロハは現地購入。エレベーターのなかで日本人おばさんに褒めらる。(≧∇≦)

オリオンビールおいしかった。タクシーの運転手、コーラを飲んでいたら、コンビニで停めて、オリオンビールを買いにいってくれたが、しかし置いてなくアサヒを買ってきた。こちらは夜のオリオンビールを楽しみにしてたのだが、苦笑しながら、沖縄の初ビールは、いつものアサヒになってしまった。好意は旨かった。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ひとり沖縄  2

沖縄って高い山がない。
都市と都市の境界がない。北部にはある。
交通の便がほんとに悪い。ひとり旅には不便、男性は優しそう。バスの運転手さんに尋ねるとみんな慌てる。そして適当な返事。プロ野球キャンプ地によってファンが違う。年に数回しかやらない闘牛?のドームがある。補助金で建てた。
ひめゆりの塔がある糸満市には戦争のにおいがまだあった。
歩いて旅してやっと地理感がつかめた。広い。海ぶどうなどがおいしかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ひとり沖縄

混んでいるのに、自分の横は行きも帰りも誰もいない?警戒されているのか?笑

初めての沖縄にドキドキ、またろくに調べてないので、冷や汗道中です。 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

江戸、東京。桜の旅。

皇居千鳥ヶ淵、靖国神社の桜
隅田川の桜、浅草寺の桜
不忍の池の桜、そして上野の桜。

曇り桜でしたが、見物客が少なくゆっくり鑑賞できた。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

京都駅からは40分くらいで着いた。
意外と早い。たしか、980円。

まず、朝食。感じの良い娘さんに案内されて軽く親子丼セット。その後、仕事用スタッフ用の商品、お土産を買う。

手荷物審査には、何列もの人が並んでいてすごかった。並んでから、ANAのアプリから、QRコードをダウンロードしようとしたら、途中までいくがQRコードのページが開かない。

いつも簡単にできた。どうもWifiが混乱しているようだ。列はどんどん進んでいく。汗が流れてくる。案内整理しているANAの青年社員がいた。仕方ない、iPhoneに不慣れなおじさんになるがやむを得ない。笑。

青年社員もこちらのiPhoneを手に苦戦。はっと顔をあげ、一階のカウンターでチケット発行してもらってください、と言った。慌てて行列を抜け出し荷物とリュックを手に急いで降りた。

一階にはANAのカウンターがいろいろあった。迷う。思い切って搭乗手続きのカウンターに並ぶ。ここも混んでいた。
嫌な予感がして予約番号は控えてあった。やっと順番が来た。

若いがちょっと意地悪そうな女子だ。ふふん、といった感じで、免許証ありますか、と。予約番号を示すと、お名前だけでも発行できますよ、なんて言った。内心、用心深い自分にホッとしていたものが見事に打ち砕かれた。(≧∇≦)

用心深かったら、前日にでもダウンロードしておくといいのだが。

木で鼻をくくった対応の女子社員の動きを見て分かったことがあった。
彼女、チケットをこちらに渡しながら、目線は次の客にいっているのだ。

これは自分も注意しなくてはいけない。

そんなこんなで、また長い行列に戻り、ギリギリ間に合った。

旅は必ず何か失敗や間違いに直面する。トラベルは、トラブルが語源なのがよくわかる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

こんにちは

旅のつづきから遅れました。

あれから、宇治の平等院鳳凰堂などに行きました。

鳳凰堂の中を見学するには中に入ってからまた申し込みチケット購入するのですが、最初のチケット売り場のおばさんは自分が知っているからみんなも知っていると思うのか、あまり丁寧でなく、時間制限があるのが分かったのは、一通り見てからだった。

次は2時からで結構な時間なのであきらめた。

食事で入った店のスタッフはとてもよかった。サービスに徹しているせいだと思う。

最終日、大阪空港、伊丹空港、どちらを表現すればいいのかわからないが、ここで冷や汗をかいた。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

小路には、韓国焼き肉店、パスタ系の店があった。パスタ系は牡蠣が売りだった。

そこに決めた。女性客が中心でにぎわっていた。席に着き、メニューを覗いたあと壁の黒板に気がついた。全国の牡蠣産地から牡蠣が入っていた。そこにいつか食べてみたいと思っていた北海道仙鳳趾の生牡蠣があった。

ここまで来るのかと驚いた。早速、注文した。ウエートレスがもどってきた。人気があって最後の一個になってしまいました。自分はそれにし、娘は焼き牡蠣、旦那は、いろいろ頼んでいた。

旅の遠くの空の下で、この牡蠣に出会うとは、何と運がいいことだ。旅はするものだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ