カテゴリ: 旅のいろいろ

ひとり沖縄  3

 ホテルの案内女性に、リュック一つに驚かれる。世界を旅してるのですかと。飛行機のCAに食事出るのですかと尋ねたら、飛行機初めてですかと返された。今回は、貯まったポイントで往復無料の旅。

ホテルでの従業員は韓国人が多かった。ひとりの青年フロントマンと少女時代の話しで盛り上がった。 

屋内プールに入ったら白人青年お父さんは、家族にすぐ出る招集をかけて出て行った。最初、?、だったが、こちらを睨んでいったので、奥さんや子供の水着姿見せたくなかったのだろう。男のひとり旅で気をつけなければならない点だ。こちらはど近眼でぼやっとしか見えないのだが。
レストランでもよく睨まれる。白人パパが多い。こちらはそんなにカッコいいのか?笑

韓国人のお母さんは、子供と一緒に、子供に返ってはしゃぎ面白い。

今回は、まさにリゾートも目的。金塊を掘り当てたり脱獄した映画主人公のようにビーチで、ビューティフルライフを満喫。

太陽と海、潮風に当たるのは、確かに身体にいいみたいだ。なんだか、スッキリした。

アロハは現地購入。エレベーターのなかで日本人おばさんに褒めらる。(≧∇≦)

オリオンビールおいしかった。タクシーの運転手、コーラを飲んでいたら、コンビニで停めて、オリオンビールを買いにいってくれたが、しかし置いてなくアサヒを買ってきた。こちらは夜のオリオンビールを楽しみにしてたのだが、苦笑しながら、沖縄の初ビールは、いつものアサヒになってしまった。好意は旨かった。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ひとり沖縄  2

沖縄って高い山がない。
都市と都市の境界がない。北部にはある。
交通の便がほんとに悪い。ひとり旅には不便、男性は優しそう。バスの運転手さんに尋ねるとみんな慌てる。そして適当な返事。プロ野球キャンプ地によってファンが違う。年に数回しかやらない闘牛?のドームがある。補助金で建てた。
ひめゆりの塔がある糸満市には戦争のにおいがまだあった。
歩いて旅してやっと地理感がつかめた。広い。海ぶどうなどがおいしかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ひとり沖縄

混んでいるのに、自分の横は行きも帰りも誰もいない?警戒されているのか?笑

初めての沖縄にドキドキ、またろくに調べてないので、冷や汗道中です。 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

江戸、東京。桜の旅。

皇居千鳥ヶ淵、靖国神社の桜
隅田川の桜、浅草寺の桜
不忍の池の桜、そして上野の桜。

曇り桜でしたが、見物客が少なくゆっくり鑑賞できた。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

京都駅からは40分くらいで着いた。
意外と早い。たしか、980円。

まず、朝食。感じの良い娘さんに案内されて軽く親子丼セット。その後、仕事用スタッフ用の商品、お土産を買う。

手荷物審査には、何列もの人が並んでいてすごかった。並んでから、ANAのアプリから、QRコードをダウンロードしようとしたら、途中までいくがQRコードのページが開かない。

いつも簡単にできた。どうもWifiが混乱しているようだ。列はどんどん進んでいく。汗が流れてくる。案内整理しているANAの青年社員がいた。仕方ない、iPhoneに不慣れなおじさんになるがやむを得ない。笑。

青年社員もこちらのiPhoneを手に苦戦。はっと顔をあげ、一階のカウンターでチケット発行してもらってください、と言った。慌てて行列を抜け出し荷物とリュックを手に急いで降りた。

一階にはANAのカウンターがいろいろあった。迷う。思い切って搭乗手続きのカウンターに並ぶ。ここも混んでいた。
嫌な予感がして予約番号は控えてあった。やっと順番が来た。

若いがちょっと意地悪そうな女子だ。ふふん、といった感じで、免許証ありますか、と。予約番号を示すと、お名前だけでも発行できますよ、なんて言った。内心、用心深い自分にホッとしていたものが見事に打ち砕かれた。(≧∇≦)

用心深かったら、前日にでもダウンロードしておくといいのだが。

木で鼻をくくった対応の女子社員の動きを見て分かったことがあった。
彼女、チケットをこちらに渡しながら、目線は次の客にいっているのだ。

これは自分も注意しなくてはいけない。

そんなこんなで、また長い行列に戻り、ギリギリ間に合った。

旅は必ず何か失敗や間違いに直面する。トラベルは、トラブルが語源なのがよくわかる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

こんにちは

旅のつづきがら遅れました。

あれから、宇治の平等院鳳凰堂などに行きました。

鳳凰堂の中を見学するには中に入ってからまた申し込みチケット購入するのですが、最初のチケット売り場のおばさんは自分が知っているからみんなも知っていると思うのか、あまり丁寧でなく、時間制限があるのが分かったのは、一通り見てからだった。

次は2時からで結構な時間なのであきらめた。

食事で入った店のスタッフはとてもよかった。サービスに徹しているせいだと思う。

最終日、大阪空港、伊丹空港、どちらを表現すればいいのかわからないが、ここで冷や汗をかいた。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

小路には、韓国焼き肉店、パスタ系の店があった。パスタ系は牡蠣が売りだった。

そこに決めた。女性客が中心でにぎわっていた。席に着き、メニューを覗いたあと壁の黒板に気がついた。全国の牡蠣産地から牡蠣が入っていた。そこにいつか食べてみたいと思っていた北海道仙鳳趾の生牡蠣があった。

ここまで来るのかと驚いた。早速、注文した。ウエートレスがもどってきた。人気があって最後の一個になってしまいました。自分はそれにし、娘は焼き牡蠣、旦那は、いろいろ頼んでいた。

旅の遠くの空の下で、この牡蠣に出会うとは、何と運がいいことだ。旅はするものだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

夕方、ロビーで待ち合わせにした。

娘夫婦は疲れていたから、食事はどこでもいいという。たぶんそうだろうと思い、ホテルへの小路にあっためぼしい店にあたりを付けておいた。

その前に、いつもの失敗をまたやらかした。龍安寺で別れたあと烏丸通りで降り地下鉄に乗り継ぎ、ホテルまではスムーズに来た。だが、どうも入り口が分からない。と、言うよりないのだ。塀にはホテル名でのインターホンがあるのだがなんだか怪しい。仕方なく押してみた。

すると、お待ちしておりました、どうぞという。仕方ないので木戸を開け入った。ガラス戸があったので押し開けた。すると目の前には、三人の青年が食事中で手を止めポカンとこちらを見ている。こちらもポカン彼らを見返した。

ひとりの黒服が慌ててフォークを置いて、ああ、ホテルならこちらです。と案内してくれた。ホテルの入り口はインターホンより先の凹んだところにあった。横から来たら看板もなく分かるはずもない。最近はヘマしても落ち込まなくなってきた。内心面白がっている。

さて、夕食だが、そこでは願っていたものに出会ってしまった。だから、旅は面白い。

龍安寺では、14個しか見えない石が15全部見える位置を教えたが、娘は、そうね見えるね、といった熱のない反応だった。大人になったのか。高校生たちはきゃっきゃ喜んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

おはようございます。

さて、旅のつづき。

京都御所の樹の下でひとしきり久しぶり会話をはずませたあと、目の前の入り口に行ってみた。京都御所は先に申請し許可書類がないと中には入れない。

娘夫婦はまあいいかとやってきたのだ。警備の警官が数人いた。ちょっと中を覗く程度にして、さあ、何処に行く 会話。婿殿が金閣寺をみたいというのでそこにする。夫婦は仲がいい。意見がぶつかることはあまりないようだ。すぐに決定。

娘は枚方市で学生時代を過ごしたので京都はそれなりに詳しい。自分もそのとき娘のアパートに泊まり体いっぱい京都を歩いた。おかげで祇園祭りもゆっくりみた。そういえば、その宵宮で山車に上ったこともあった。あの夕暮れの薄闇に響く山車の鐘の音に、京の芯が伝わってきた覚えがある。

金閣寺は修学旅行生、外国人観光客でいっぱいだった。娘はフランス人が多いと言った。パリ文化から京都文化に惹かれるのだろう。札幌ではフランス人は見かけない。

数年前、元旦の早朝に金閣寺を訪れた。人っ子ひとりいなかったが、大勢の人がいても、金閣寺は燦然と輝きを放ち、その威厳には変わりはない。修学旅行生にタクシーの運転手が、金閣寺炎上の話しをしていた。それを材に取ったのが三島由紀夫の「金閣寺」だ。

茶店の赤い毛氈に腰掛け、抹茶と和菓子を楽しむ。日本を感じるのか、二人はいたってうれしそうだった。そこで、またこれから何処いく会話。嵐山に決まった。娘は一度も行ったことがないという。暮らしているとそんなものだ。

ホテルにチェックインしたかったのと、嵐山の混雑には触れたくなかったので、ここで分かれることにする。ところでホテルはどこなの? と聞くと、同じホテルだった。大笑いだ。海外から予約した娘と札幌から予約した父親、親子の好みや感性はやはり似ているのだろう。

なら、夕食待ち合わせも、ロビーにする。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

小型バスが上賀茂神社前で止まることを知った。下鴨神社にはいったことがある。上賀茂神社は遠いので諦めたことがある。

ついでだ、と降りた。お宿の父親もバスに乗っていた。ここで降りますと挨拶したら、驚いていた。出町柳まで行くと言ってあったからだ。

上賀茂神社は、下鴨神社と違って木々がなくいきなり赤い鳥居が構えていた。宮司、巫女たちが忙しなく動いていた。
式年遷宮らしい。

娘から、連絡が入った。京都御所に向かっているという。なら、とこちらも向かう。御所は正門はなくどこに停車したらよいかと運転手は嫌味をふくんだ受け答えだった。はあ、そうですかと、ならそこで停めてください、と降りる。

娘を待っていると人馴れした雀の子がそばに来る。心地よい風に吹かれ眠くなってきたとき、砂利道の向こうの樹の下に娘夫婦が現れた。娘とは、ほぼ一年ぶり。婿殿とは3.4年ぶり。二人ともジーンズっぽいパンツに半袖シャツという外国人がする普段着旅姿だった。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ