カテゴリ: 本・映画・TV

テレビで鬼平犯科帳の再放送をしている。

ずいぶんまえのシリーズだ。たしか当時、原作のほうに夢中になっていて、あまり観なかった。

だが、違った意味でいまテレビに夢中になっている。

時代劇ドラマの作り方に感心し、出てくる役者たちに懐かしさや演技に見惚れている。

密偵おまさ役の梶芽衣子がこんなにも美人で上手かったとは、彼女の代表作の、さそり、から観てきたのだが。外国の映画監督が惚れるはずだ。いまオール読物に、彼女の回顧エッセイが載っている。鬼十院花子の映画企画は梶芽衣子の持ち込みで、いつの間にかああなってしまったことなどが記されていて、興味深い。

話しがずれた。このシリーズで出ていた山田五十鈴の演技に惚れ惚れ。さすが、となんども繰り返し見た。

もちろん、中村吉右衛門も上手い。実際、木刀を手に殺陣の真似をしてみたら、大変だった。汗。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

朝ドラ 「ひよっこ」の
藤野涼子がCMに出ている。

トヨタ、風間杜夫が運転する
後部座席から話しかける役。孫の設定か。

さすがに業界は見る眼がある。もちろん可愛いせいもあるが。調べたら、ソロモンの偽証に出てた。なるほど。

上手いな、と思った役者や女優が売れてくるとうれしくなる。

日曜朝の「僕らの時代」は30分三人の対談番組だが、この30分が長い時と短い時がある。意外な人物に感銘することもある。その逆もある。最初から録画を見ないこともある。

土曜日の「サワコの朝」も同様。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

朝ドラ「ひょっこ」

朝ドラが面白いと時間がとられて困る。脇役の女の子たちが上手い。豊子役の藤野涼子がいい。また 和久井映見がユニークな味を出していて現れると気持ちがはずむ。今朝(5/5)の女子たちの言い合いは脚本が秀逸。ちゅらさんの岡田惠和。

昼帯の「やすらぎの郷」

石坂浩二が俳優としての力を久々に
みせてくれている。出てくる名優女優たちもさすが。淡々としたセリフは難しいものだ。いよいよ藤竜也が出てくる。女優たちがワクワクしている、こちらもワクワクしている。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

原稿に煮詰まっていたので、気分転換に映画に行く。

映画館シネマは我が家からバスで15分、歩いて10分くらいでチケット売り場に着く。笑。

なんて近さだ。雪があるとほんとに出不精になる。

「コング」にする。たいして期待しなかったが、これが面白かった。

ストーリーも迫力も役者もよかった。これが活劇の真髄だろう。日本人の描きかたも悪くはない。

もう少し日本人と分かると子どもたちは後々理解しやすい。銃はドイツ製でないかな?
このファーストシーンもいい。

入る前にみんなの真似してポップコーンにコーラゼロを買う。
ポップコーン一番小さいサイズだったが、これがキングコングサイズで、食べ切れなかったので持って帰ってきた。

日本人にもついに映画&ポップコーンの習慣が定着した。笑。

家族連れが多かった。やはり映画はスクリーンで見るものだと痛感する。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

笑うハムレットを知り合いにあげたら~
●●●●●の小説より……
断然面白かったそうです。

福岡の知人からです。
励みになります。

青目尚樹

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

週刊現代にて五木寛之の「青春の門」の連載がはじまった。

第9部漂流編
今週号で5回めになる。

これからだが、毎週楽しみ。
連載中の週刊誌小説は読まないことにしているが、これは読まずには。

青春という文字に惹かれいろんな感慨が浮かぶ。途中読んでない編がある、読んでみたくなってくる。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

DVD無料券があった。

木村文乃主演のものを借りた。

そして一本無料で借りられるので
海外ドラマから「モンク」という探偵ものを選んだ。

どちらもちょっと前の作品だった。

木村文乃のほうはいい役者の出過ぎと全体に無理しすぎの感があった。

で、「モンク」が始まったとたん、あれ? と気づいた。

以前に観ていた。
うっかりか、ボケたのか、何年経っても興味の芯はずれていないのか。

特徴ある名探偵で、シリーズがたくさんある。面白かったが個性についていけなかったのだ。

シリーズをゆっくり観ていけという暗示なのか、なんて自分の都合のいいようにとらえ、またもう一本借りてみよう。

ただ海外ではレンタルショップ、DVDなどは消えつつあるという。

オンラインで観てる。

自分をはじめ日本人は収集癖が強いらしい。これだけが理由ではないが。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

土日に、

海外TVドラマ「トルュー・デティクテブ」を観た。


あまり日本では知られてないが海外では大絶賛だったと知り、さっそくTSUTAYAにいった。


さすがと思った。原作がある。原作が凝っているのか、シナリオは凝りに凝っている。新しい試みはあるものだ。


俳優も上手い。どうすごいのか書くとお面白さが半減するので。


セカンドシーズンは、新しい事件に全く違う役者たちのようだ。

「トルュー・デティクテブ」このテーマでの展開のようだ。

楽しみがふえた。



 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

おかげさまで売れているという。
「笑うハムレット」

ありがとうございます。
今日、売れていると
出版社の文芸社から連絡があった。
心から感謝です。

ご購入いただいたみなさまありがとうございます。
また周辺の方がたにご紹介いただけると三作目へのパワーになります。m(_ _)m よろしくお願い致します。

下記の「タベタ」の紹介ページからすぐご購入いただけるように
設定いただきました。ページの下部にご注文のバナーがあります。ご利用ください。m(_ _)m





#本
#青目尚樹
#笑うハムレット
#グランシャリオの涙
#文芸社
#ミステリー
#サスペンス
#推理小説
#シェークスピア
#ハムレット



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

映画観てきました。自分が一番のファンだと思っていたら、映画館の客を観てまだまだ同じレベルかつ上はいるなと感じた。笑。

期待通りの面白さ楽しさ、そして親近感。

一作目を観てこれは寅さんに代わり得る作品だと思ったら、コメント欄にそう書いている人もいてますますそうだなと。

多部未華子が可愛い、ヤクザの松重 豊のひとことに腹を抱え、山中崇の風鈴での決めもよかった。キムラ緑子をはじめ名優の演技に見惚れ、レバニラ、ニラレバコンビ刑事達が良く、綾田俊樹の上手さに引きこまれた。

一連のレギュラー達も張り切っていてホントに楽しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ