カテゴリ: 名探偵 青目尚樹

この吐き気女子スタッフのせいで、いやおかげで奇しくも、名探偵か迷探偵の青目尚樹が登場してしまった。

今回は、上手く解明できたが今後が心配だ、とワトソン気どりののたりくんが言った。

ただ、今回は難事件だったかもしれないが、ふと世間を見るとこれほど簡単な事件はないだろう。

ヒント の彼女の

「アパートの部屋にはTVがない」

は、いまどきの若者の部屋のカタチなのかもしれいと思ったとき、いまの社会現象に行き着いた。

このあたりであることに気づく方は多いだろう。つまり、TVがなくても生きていける。だが、代わりにこれがないと生きていけない。と若者たちは思っている。

そう、PCやMac、そして携帯にスマホだ。吐き気女子はスマホ派だ。会社でもMacと一日中にらめっこしている。土日はきっとスマホ三昧だ。

これのどこが嘔吐につながるかと不思議に思われるだろうが、こういった眼の酷使は、眼精疲労につながる。

眼精疲労はともすると、吐き気を誘発する。このことはあまり知られてないが事実だ。想像するに彼女は土日、家族、友人そのほかにメール、LINE、調べ物、ゲームとやり、寝る前に、寝付く前まで、朝起きたら、すぐスマホをチェックしてるのだろう。

と吐き気女子に説明したら、いま風女子の表現で

「あっ、すっきり当てはまります!」

と、言ったのだ。

原因は
「スマホなどからの眼精疲労にあった」

眼精疲労からの吐き気はそうとうなものだ。きっと思い当たるひとりもいるはず。ご注意願いたい。

事件解決に満足した名探偵青目尚樹は椅子の背を倒し、塩せんを食べはじめた。
のたりくんが声をかけようとしたら、すでに白河夜船だった。この昼寝は、青目尚樹の日課、いやルーティーンの一つでもあった。



月に2回ほどそれも週はじめの月曜日に、「体調が悪く、吐き気もするので」と遅刻する女子スタッフがいる。

それがあまりにも続くので、聞きたくもないが、休みの土日の行動を尋ねるしかなかった。

答えは、
「別に、ふつうです」
本人がいうふつうとはどんなものなのかはわからない。だがそれ以上訊くわけにいかないだろう。

「ふ〜ん」
とアゴに手を添える。彼女も同じような思考をする。内心可笑しかった。

顔は疲れ切っている。アパートの窓などの建て付けも悪く寒いらしい。
そのせいで、体調崩してるのかとも考えられるが、朝何回も吐いてしまうという。ここに引っかかった。

ここで名探偵青目尚樹は現状をインプットしていろいろ考えてみた。
とにかく彼女は、悪食でもある。主食はお菓子といっていい。さすがに先輩女子上司からも注意されたらしい。いっとき収まるがまたいつしかお菓子三昧をしている。よく、ヘビや昆虫のカタチをしたゼリーを食べていたりする。

そこに原因があるのだろうか。だが、吐くまでにはいたらないだろう。
ここから名探偵の推理が働く、そして壁にぶち当たった。そうした場合はしばらく放っておく。もちろん頭の隅には 浮遊させておく。

答えは、すぐに出た。
これだな犯人、いや原因は、と突き止めた。

ヘビ菓子喰い女子スタッフにいった。すると、
「あっ、それすっきり当てはまります!」
と目を丸くした。

名探偵が面目躍如した1シーンだった。

ヒントは、

「アパートの部屋にTVがない」

だ。
さあ、お解りかな?

答えは、明日に。(笑)






↑このページのトップヘ