September 2017

朝ドラ「ひょっこ」が終了した。
とにかくシナリオが良かった。楽しいドラマだった。

シナリオがいいと言えば、
「やすらぎの郷」もそう。倉本聡。
企画もいいのだ。

とにかく、石坂浩二が良く、出てくる役者陣はまた達者だった。それだけでも見る価値はあった。
長いあいだ「なんでも鑑定団」での時間がもったいなかった。

学生時代、東京駅ホームで加賀まりことすれ違ったことがある。眠そうな顔をしていたが可愛いかった。

ラスト近くに出た品川徹にはもう引き込まれた。日本のフィクサーを語る演技口調は素晴らしかった。
ああ、この人が品川徹なんだと知った次第だ。もう一度見てみる。

多部未華子の「オーランドー」を神奈川芸術劇場にて観る。
多部未華子はよくがんばっていた。ポスターの派手さにくらべ美術は地味だった。

なんだか役者たちがストーリーを説明している展開で、ラストも華がなかった。

小日向文世の演技も好き嫌いあるかもしれない。

なぜ、演劇人は洋物をやりたがるのか。

前の席に長身の男性が座り、座席設計はズレていたが、それでも見づらく大変だった。いい席だったのに残念。










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

これは、ご存知のように
日馬富士が決定戦を制した。

豪栄道の気力のなさ、何か原因があるのか。

解説の北の富士、舞の海、琴奨菊が優勝するかと思ったと口にした。

こちらもそう思った。

とにかく、面白かった。

泉岳寺で線香あげたあと、
本所界隈を歩こうとぶらぶらしたら、
スカイツリーに出てしまった。

そばの蕎麦に入ってスカイツリーには登らず帰る。笑。

鴨せいろ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

相撲が今場所、ますます面白い。

阿武咲の台頭

嘉風  見てて気持ちいい

日馬富士  がんばる姿が好きだ

朝乃山  人気がでるな

宝富士  ユニークな上に相撲が上手い

豪栄道 やっと勝ち越し 本命か

石浦


琴奨菊

まだたくさんいる

今、休場力士の大半は、琴奨菊の大事な一番に、正々堂々とぶつからなかった力士がほとんど。因果応報か。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

先月から、朝の7時台に散歩し、コンビニで新聞を購入している。

7時台の朝陽はビタミンDをつくる。骨が丈夫になる。

寝起きのふらつき気味の足もしっかりする。コンビニの青年たちもすっかり顔を覚え、おはようございます、とくる。こちらも、おはようございます、と返す。

街のコンビニの一辺倒の言葉でない会話がある。

家に戻ると約30分。もうちょっと歩く場合もある。

それから朝食作って、のんびり食べる。

のんびりだが、急くより時間がゆったり長い気がする。

それから、会社へ。新人スタッフ以外は、こちらより遅い。

こちらが机で仕事をしていると、出勤してくるスタッフがそれぞれに、おはようございます! と挨拶をしに机まできて頭をさげる。

このときが結構楽しい。みんな、ニコニコしながら、挨拶してくる。このとき、スタッフの体調、精神状態もわかる、

夕方、全員そろったところで、おはようございます!の挨拶をする。

なんだか、変なタイミングだが、慣れると悪くない。

そのあと、女性スタッフたちは、おしゃべりが始まり笑い声があがる。


そのコンビニで買ったカップラーメン
バリカタって?気になった。
仕事につかう。








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

石原さとみの新しい写真集が発売された。

予約した。

と、言っても自分が見るのではなく、
一人のスタッフへの誕生日プレゼントだ。

予約はいつもお世話になっている本屋さんにした。レジの女性スタッフの方もこちらを見知っている。

予約のときちょっと怪訝な顔をされた。

内心、慌てて、スタッフの誕生日プレゼントなんです。

と、言わなくてもいいことを言った。

入荷の連絡をもらい受け取りに行ったら、さらに親しい別のスタッフさんだった。

また、慌てて、スタッフの誕生日プレゼントなんです、と、言ってしまった。

なら、お包みしましょうか、と言われたが時間がなかったので、そのままで結構ですと言ってしまった。

社で女性スタッフに包んでもらったのだが、ちょっと慌てた自分が可笑しかった。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

思いたって、長浜へ。

どこいこか、と朝食取りながら考えた。
長浜城が浮かんだ。

明日能登への観光バス予約取れたら、長浜にしよう。
うまく予約が取れた。

長浜駅の観光案内所でいろいろ聞いていたら、地元のおっさんが横から口出ししてきていろいろ教えてくれた。

長浜城はすぐそこ5分で着くという
。しかしややずれて結構かかった。

すぐそこに見える、と言っても初めての者には、もっと丁寧でないとわからないものだ。炎天下、やっとだった。わかってみると簡単だったが、長浜城の天守閣の高さが微妙で近づくほど樹木で見えなくなる。

奥琵琶湖を天守閣から望む。

いずれ秀吉のことを書くかもしれない。町は静かだった。店の人は、昨日まで夏休みだったのでにぎわっていたのですよと言った。

長浜ラーメン。人気店というが、これも観光案内所のおばさんと地元のおっさんのバトル紹介だった。

近江牛のカレーパン購入。今夜か明日朝、食べる。大丈夫か?(≧∀≦)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ