一昨日の夜、急に足が痛み出した。右足の甲のあたりがなんだか壊れてきた。夜中じゅう激痛が膝まで走り眠れなかった。朝、歩けなかった。壁伝いにやっとだった。止むなく会社を休む。スタッフから、お大事にLINE。家で仕事して何本か社に送る。昼寝をしたりしていたら、夕方に痛みが消え出した。今朝はすっかり消え歩けるようになった。人間の身体ってホントに不思議なものだ。因みに、家の中で酔ってどこかにぶつけたとしか考えられない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

野草狩り、ほぼ水仙狩り

昨日の夕方初出動、帽子に軍手、掘る道具、ジーンズに長そでシャツ。

究極のインドア派、歩いて、7、8分でこういった急流、川がある。何年ぶりだろう。

野原に水仙があった。掘る。なかなかしぶとい。川土手にもあった。だが、急斜面の土手は難しい。数株掘ってあきらめる。

下ると公園があり、バーベキュー家族、バスケットしてる子どもたちがいる。公園にも水仙ここは無論パス、ベンチで休憩。

公園から住宅地に登っていくと水仙にほかの花がたくさんあった。看板があった。のぞくと売地とあった。取り放題の感じだったが、やはりパス。

一時間の散歩、野草狩り収穫があった。車で黒土を買ってきて、すぐに水仙を植えた。まずまずの満足。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

朝ドラ「ひょっこ」

朝ドラが面白いと時間がとられて困る。脇役の女の子たちが上手い。豊子役の藤野涼子がいい。また 和久井映見がユニークな味を出していて現れると気持ちがはずむ。今朝(5/5)の女子たちの言い合いは脚本が秀逸。ちゅらさんの岡田惠和。

昼帯の「やすらぎの郷」

石坂浩二が俳優としての力を久々に
みせてくれている。出てくる名優女優たちもさすが。淡々としたセリフは難しいものだ。いよいよ藤竜也が出てくる。女優たちがワクワクしている、こちらもワクワクしている。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

行者ニンニク

ジンギスカンの上に行者ニンニクをたっぷり。50人くらいの行者ニンニクパーティー。知らずに訪問した人は臭いで卒倒したかもしれない。(≧∀≦)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

本屋さんに寄って週刊誌を購入したら、店員の方に


「<笑うハムレット>とても面白かったです。」と言われた。

「峰子が、峰不二子を連想してしまって(笑)」

と言ってくれた。


実際のルパン三世では峰不二子なのだが、たいがいの人は混乱している。「笑うハムレット」では峰子という名前だけで姓は紹介していない。この女性には、作者も惚れている。


 




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

単純なのか、黄色い花が好きだ。
特に水仙が好きだ。

中学生のとき、通学途中の向かい丘一面に咲いていた。青空の青と黄色がまぶしく晴れやかな気分になった。

わが家の庭にはなぜか水仙が咲かない。
近所にはたくさん咲いている。

空き家のまえにたくさん咲いている。黙っていただくわけにいかない。 

買いにいっても売っていない。そこでスタッフの実家から分けてもらった。

来春が楽しみだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

江戸、東京。桜の旅。

皇居千鳥ヶ淵、靖国神社の桜
隅田川の桜、浅草寺の桜
不忍の池の桜、そして上野の桜。

曇り桜でしたが、見物客が少なくゆっくり鑑賞できた。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

原稿に煮詰まっていたので、気分転換に映画に行く。

映画館シネマは我が家からバスで15分、歩いて10分くらいでチケット売り場に着く。笑。

なんて近さだ。雪があるとほんとに出不精になる。

「コング」にする。たいして期待しなかったが、これが面白かった。

ストーリーも迫力も役者もよかった。これが活劇の真髄だろう。日本人の描きかたも悪くはない。

もう少し日本人と分かると子どもたちは後々理解しやすい。銃はドイツ製でないかな?
このファーストシーンもいい。

入る前にみんなの真似してポップコーンにコーラゼロを買う。
ポップコーン一番小さいサイズだったが、これがキングコングサイズで、食べ切れなかったので持って帰ってきた。

日本人にもついに映画&ポップコーンの習慣が定着した。笑。

家族連れが多かった。やはり映画はスクリーンで見るものだと痛感する。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ